磐城木材産業のセルローズファイバー断熱工事
断熱・気密~あなたの家の性能アップ!

家をすっぽり包み込むセルローズファイバー「スキマを残さない確実な施工精度」

住宅の性能に求められること、それはすなわち住まいのお悩みを解決することです。住まいのお悩みトップスリーといわれる「暑い」「寒い」「結露」は正しい断熱工事で解決できます。

どんなに高性能の断熱材を使用しても、それぞれの地域特性、住宅の構造に適した断熱工事を行わなければ、求められる性能を得ることはできません。そもそも住宅の断熱層は、切れ目なく連続して小さな隙間も残さないように施工することが大切なのですが、これには専門の知識と技術が求められるのです。

そこで私たちは断熱材の製造だけでなく、正しい断熱工事を実際の現場で行うことを目指しました。私たちは専門のスタッフを養成し、断熱材工場を飛び出して住宅建築の現場に飛び込みました。いまでは日本製紙木材(メーカー)の登録施工店として近隣地域の断熱工事を行うだけでなく、全国の新規施工店様の施工研修に講師として参加するまでになりました。

 

断熱工事の流れ

セルローズファイバー断熱工事はプランの内容により、床→壁→天井(屋根)の順番で施工されます。

 

施工プランのご紹介

●ライトプラン(天井セルローズ施工)

もっとも工期が短く、予算を抑えて行える工事です。家全体を包み込む工事ではありませんが、天井は住宅の重要な断熱部位。暑さ、寒さの対策に有効です。また、リフォームの際の断熱改修にも向いています。

●ミディアムプラン(天井+壁セルローズ施工)

床部分を除いてセルローズファイバーの断熱工事を行うプランです。設計ですべての部位をセルローズファイバーに指定できない場合など、使いたいところ、できるところに採用することができます。

●コンプリートプラン(天井+壁+床セルローズ施工)

住宅の断熱構造とする部分(熱的境界)のすべてをセルローズファイバーで断熱するプランです。「セルローズファイバーの良さを分かっているから、全部セルローズでやりたい」というお客様は少なくありません。専門スタッフが確かなノウハウで対応します。

 

気密工事

大切な家を結露から守り気密性を高める「気密工事」

断熱と同時に語られることの多い気密。住まいの温熱環境を整えるとき、気密も重要なポイントになります。
また、冬の寒い時期に悩ませられる結露問題。実は室内側の表面結露より見えない壁内結露の問題の方が大きいのです。壁の中で起きる結露は断熱材の性能を奪い、構造材の腐食の原因となり家の寿命を縮めます。

特に室内外の温度差が大きい寒冷地では結露対策のひとつとして気密(防湿)シートの施工が有効です。

 

気密測定

住宅性能(C値)を評価「気密測定」

住宅性能を評価する指標は様々なものがありますが、C値(隙間相当面積)は私たちが重要視しているもののひとつです。

磐城木材産業ではご依頼があれば気密測定を行っています。有資格者(気密測定技能者)が測定結果をレポートします。

技術情報2


施工店、工務店サービス

 施工技術講習

セルローズファイバー断熱材の吹込み工法の講習会を実施しています。


※詳しくは日本製紙木材 断熱材事業部にお問い合わせください。

  施工機メンテナンス

専用の施工機のメンテナンス講習も実施しています。

※詳しくは日本製紙木材 断熱材事業部にお問い合わせください。

 営業ツール

営業(プレゼンテーション)用のツールとして防音ボックスを制作しています。
※詳しくは日本製紙木材 断熱材事業部にお問い合わせください。

新しい取り組み

私たち磐城木材産業は、セルローズファイバーの製造と施工を通して快適な住まいづくりを目指すとともに、新しい取り組みにもチャレンジして参ります。どのようなことをご提案するか。ここから情報を発信します。ご期待ください。